過去の入賞論文
・2016年(第17回)
・2015年(第16回)
・2014年(第15回)
・2013年(第14回)
・2012年(第13回)
・2010年(第12回)
・2009年(第11回)
・2008年(第10回)
・2006年(第8回)
・2005年(第7回)
・2004年(第6回)
・2003年(第5回)
・2002年(第4回)
・2001年(第3回)
・2000年(第2回)
・1999年(第1回)



















































































2013年(第14回)

【特別賞】
インタラクティブな未来の科学技術像
大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科 4年
石橋 祐輔
石橋 祐輔

<はじめに>
科学技術は現在、高度に発展し、細分化されている。最先端の研究成果については専門家でもない限り理解できない状況にあり、一般人の科学リテラシーは低下の一途を辿っている。科学的大発見に関するニュースを新聞やテレビ、インターネットなどで目にした際に、研究の新規性・重要性を中心に伝えるのではなく、科学者の人間性や生活面にスポット当てた報道に違和感を覚えた経験はないか。これは一般人、あるいは報道陣側に科学の知識・教養がないためだと考えられる。しかし、科学者側も一般人の科学リテラシー低下を防ごうとはしていない。このような科学的ニュースの報道に見られる様に、科学と社会の間には、科学技術に関するある種のギャップが生まれているように感じる。科学は科学者のみで、一般人を置き去りにして進んでいく将来像が容易に想像できる。本論分では、科学者と一般の人々の間に生じたギャップと、それが未来に与える影響を考察するとともに、科学と社会がインタラクティブな将来を築きあげるための具体案を提示する。

<ギャップが生じる原因>
1. 理科教育から見た一般人の理科離れ
一般人の科学リテラシーが低い原因には、義務教育の試験主義的なカリキュラムが挙げられる。
性質上、理科は他の科目と違って、実体験の伴わない単なる暗記科目として位置づけられてしまっているのである。理科の実験を楽しむ子供たちは多いにもかかわらず、理科嫌いになってしまうのはこのような科学の楽しさを体験させるのではなく、知識を押し付ける教育体制にある。小・中学生に理数科の授業をする機会があるが、子供たちは理科の実験よりも、テストでの得点にばかり気を取られているように見える。こうして本質的には科学に興味はあるにもかかわらず、気がつけば科学に対してトラウマ的に避ける一般人が増えていき、科学リテラシーの低下を招いている。


2. 理工系学生の内向的な性質
科学者は日夜、研究の成果を出すために努力している。しかしその一方で、自分の研究業績について発表する際に、相手の立場になって、理解しやすいプレゼンテーションを心掛ける人は少ない。実際に、理工系学生は実験や解析などは得意だが、それを上手に伝えることや聞き手とのコミュニケーションをとることが苦手な場合が多い。自分のしている研究がいかに素晴らしく有用であったとしても、それを対外的にアピールできないことで、一般人に何をしているか全く理解されない状況を作り出してしまっている。
本節では、一般人の理科離れと、科学者の持つ内向的な性質という観点から、科学者と一般人の間に生まれたギャップを考えた。次節ではそれがどのように日本の将来に影響するのかを見てゆく。

<ギャップの与える影響>
一般人の中には研究開発の動向などには興味がなく、科学に関わらずとも不都合なく生活ができると考えている人が大勢いる。しかし、よく考えてみてほしい。今、身の回りにあるもので科学技術の発展によって得られたものはどれほどあるのか。私たちの安全かつ豊かな生活は、まさに科学の上に築き上げられてきたのだ。また、科学技術に関する予算は国民の税金から捻出されていて、研究には莫大な資金が投じられている。こうしてみると、一般人は選挙で有能な候補者を支持し、政治を動かしていくが、これと同様に、科学にも関心を持ち、日本の科学技術の将来を考えることは、国民全員に与えられた権利であり、生活に直結する重要な関心事であるとわかる。また一方で、政治家がマニュフェストを打ち出し、国民に理解を得ようとする様に、科学者たちも個々の研究に対して、その有用性と将来像について一般の人々にわかりやすく説明する義務があると考えられる。もし研究に国民の関心を寄せることができなければ、研究に出資する人はいなくなってしまうし、国民が科学技術の将来に目を向けなければ、研究開発は遅れを取り、結果として豊かな日本の将来像は実現しない。このように科学と社会は生じてしまったギャップを解消し、インタラクティブに発展していかなくてはならない。

<インタラクティブに機能する空間の実現>
前節までに考察した問題点をまとめると (1)試験主義的な教育による理科離れ
(2)科学者の伝える能力
が科学と社会のギャップを構成する原因だと考えてきた。(1)、及び(2)の問題を解決する方法として (1’)現在の理科教育では実現し得ない科学の楽しさを実体験ベースに引き出すこと
(2’)科学者が一般人と接点を持ち、自身の研究をわかりやすくプロモーションすること
そしてこの(1’)、及び(2’)を実現する具体案として提案したいことが、インタラクティブに機能する空間の提供である。まず、この空間に要求される重要な要素は「場所」である。世の中には、科学館などの最新技術を感じさせてくれる場所は多く存在する。しかし、自ら科学館に足を運ぶような人は、元々科学に興味を持っており、このような場所に科学に関心がない人々を呼び込むのは困難を極める。では、どのような「場所」ならば一般の集客が見込めるであろうか。それは、科学と関わりが薄く、なおかつ、一般人の集まる商業施設のような場所である。科学館に人を集めるのではなく、人が集まる場所に科学者が出向くのである。これが「場所」の重要性である。そして、そのような「場所」で次のようなインタラクティブな試みを実施する。
(1’’)これからの日本の科学技術を支える子供たちや、科学に関心のない一般の大人を対象に、産官学機関でしか実現できない最新技術を、エンターテイメントとして実体験させるオープンラボブースを作り上げる。子供には学校では体験できない、理科本来のワクワクを提供し、大人には科学技術の重要性、またその身近さを感じてもらう。こうすることで理科離れを抑止し、科学に対する積極的な姿勢が育つと考えられる。
(2’’)国や大学、企業の科学者たちの一般人に向けて学会発表の場を企画する。普通、学会といえば大学機関などの、科学者が大勢集まる場所で開催されるが、商業施設の中心で、それも一般人を対象に行うことで、科学者の自身の研究に対するプロモーション力は格段に向上するとともに、自身の研究を売り込み、世間の関心を引き付けることができる。そして、これらの試みがメディアを通して世間に発信されれば、科学に関する報道を普段見ない一般人にも、最新の科学技術について広くアピールすることができる。こうしたインタラクティブに機能する空間を実現することで、科学と社会の溝は埋まるであろう。

<まとめ>
以上に見たように、科学技術の進歩は科学者だけで行われているのではなく、産官学の連携に加え国民全体、あるいは世界全体で協力して発展していくものである。このような関係を無視していてはこれからの時代のニーズに応えてゆくのは難しいであろう。本論分で示したようなインタラクティブな空間を有効に活用し、多くの人々を巻き込んでゆけば、科学に対するリテラシーは向上し、科学者は伝える術を身に付けることができ、豊かで安全な日本の将来が期待できる。私はこのインタラクティブに機能する空間づくりのアイデアを2013年4月に開設したグランフロント大阪内のナレッジキャピタルに得た。このような空間を科学と社会が上手に運用することで、日本の将来は切り開かれていくであろう。現在自身も一研究員として日夜実験に励んでいる。自身の研究発表の場をインタラクティブに機能する空間に設定し、対外的にアピールしていきたいと考えている。

【参考文献】
ナレッジキャピタル http://kc-i.jp/